ベトナム株 ベトナム ベトナム株、初めての投資

ベトナム株〜日本とベトナムの文化・学術援助〜

ベトナム株を通して、ベトナム文化に触れてみませんか。

ベトナムとは、政治レベルでの友好関係が築かれて

いることは知っていても、日常生活で日本とベトナムがどう関わってい

るのか肌身で知っている人は少ないでしょう。

しかし、日本とベトナムとは、様々な分野の文化・学術関係でつながっているのです。

例えば、日本からベトナムへの文化無償協力をみてみると、2003年までに、交響楽団用楽器、日本語LL機材、スポーツ機材、アニメ製作機材、プラネタリウム機材、伝統音楽・舞踊保存機材等、24件の文化無償協力が実施されています。

どのベトナム株から入ったらいいのか迷う方は、これらの分野に関わっ

ているベトナム株関連企業を調べてみてはいかがでしょうか。

ベトナム株と文化、両方楽しんでください!

ベトナム株〜成長し続けてきたベトナム経済〜

ベトナム株、ベトナムファンドは、BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)に次ぐ投資先として、今大注目です。
これからはじめるなら、ベトナム株、ベトナムファンドです。
なぜなら、中国株式市場やインド株式市場は成熟の兆しが見え始め、株価はすでに高くなっていまったからです。
ベトナム株なら、まだ新興市場ですので、今は比較的株価が低く抑えられています。
ベトナムの経済は、ドイモイの効果が上がり始め、1995〜1996年には9%台の高い経済成長を続けました。
2000年の成長率は6.7%、2001年は6.8%、2002年は7.0%、2003年は7.2%、2004年は7.9%、2005年は8.4%の成長率を達成してきています。
ベトナムの経済成長の将来性を見越して、ベトナム株は今が買い時といえるでしょう。

日本とベトナムの貿易から見るベトナム株

ベトナム日本は、政治レベル・民間レベルで年々深い友好関係が築かれています。
ここでは、ベトナム株においても重要となる二国間の交易関係について、お話します。
ベトナムの対日貿易では、輸出額5,016億円、輸入額3,963億円 となっています。
品目としては、ベトナムからの輸出の主品目が魚介類、縫製品、原油で、日本からの輸入が機械類、電気機器、鉄鋼等となっています(2005)。
日本からの直接投資(1988年から2006年末までの累計投資額)は591件、総額62.2億ドル(認可額)です。
どのベトナム株から入ったらいいのか迷う方は、これらの品目を扱っているベトナム企業を調べてみてはいかがでしょうか。
データを参考にして、これから到来するベトナム株投資の時代の波にのり、是非べトナム株投資を成功させてください。

ベトナム株〜日本のベトナム援助の状況〜

ベトナム株投資の時代到来がやってきます。
ベトナム株を始めていない人でも、ベトナム日本のつながりは政治レベルでも年々強化されていることはニュース等で耳にしているかもしれません。
日本とベトナムの関係はどうなっているのでしょうか。
そこで日本のベトナムへの援助実績を調べたところ、2005年度実績額は約1,009億円、うち、有償資金協力が約908億円、無償資金協力が約45億円、技術協力が約57億円となっています。2006年度実績は約1,039億円です。
ベトナムのWTO加盟が正式決定し、以後、ますます日本の企業とベトナムの大手企業との提携も進んでいる状況です。
べトナムはこれから経済的にも日本との結びつきを一層深めていくことでしょう。

ベトナム株と日本の企業

中国株やインド株などが話題に上がっていましたが、これからの投資先としてはベトナム株だそうです。
ベトナムでは2001年より証券制度が導入され、着々と発展してきています。
外国からべトナムへ、多額の資金が流入し始めたのです。
日本からの投資は、規模でいうとシンガポール、台湾、韓国の次いでなんと4位です。
シェアでは11.1%を占めています。
ベトナムへの投資は投資ファンドによる金融投資だけではなく、トヨタ、ホンダ、花王など400社以上の日本企業がベトナムに進出しています。
「調査には多くの時間をかけ慎重だが、決定後は速い」といわれる日本企業の更なる投資をベトナムは期待しており、日本側も様々な形でベトナムとの提携を深めております。ベトナム株はこれからが伸び時なのです。

ベトナム株の強み

ベトナム株式市場は若く、有望な株式市場です。
ベトナム株式市場が成熟しきってしまえば、株価が高騰してしまい、手が出しにくくなります。
そうなる前に、ベトナム株投資をはじめてみませんか。
ベトナムの証券取引システムや金融市場はまだまだ小規模で脆弱です。
貿易は輸出・輸入とも順調に推移し、1996年でそれぞれ73億ドル、111億ドルですが、日本が貿易最大国なのをご存知ですか。
外国からベトナムへの投資は、ドイモイ開始後の1988年から1996年までで300億ドルに達しています。
日本からベトナムへの投資は、規模で4位(シンガポール、台湾、韓国の次)で、シェアでは11.1%となっています。
ベトナム株の強みは、その将来性と、日本との結びつきが強いことだといえそうです。

ベトナム株とベトナムに流れ込む資本

ベトナム株が今、非常に有望視されています。
ベトナムは社会主義国家ですが、1980年代からドイモイ政策と呼ばれる刷新政策を導入し、中国のように、社会主義市場経済を目指し始めました。
社会主義体制下の市場経済導入に国有企業の民営化などの改革を強力に推し進めており、現存のベトナム国営企業は今後、株式化・解体化等により2000社ないし3000社に絞り込まれる予定です。
海外からベトナム株に投資する投資信託が多数設定され、それらのべトナム株投資ファンドはベトナムへの投資を積極的に進めています。
一方、ベトナムへの投資は投資ファンドによる金融投資だけではなく、トヨタ、ホンダ、花王など400社以上の日本企業がベトナムに進出しており、今後ますますべトナムと日本の提携も強まりそうです。

ベトナム株とベトナム国営企業の株式化・民営化

ベトナム株に投資してみませんか。
べトナム株はこれから急伸が見込まれる市場といわれています。
アジアをはじめ諸外国からは、べトナム株は中国に次ぐ投資先として注目されているのです。
ベトナムは社会主義国家ですが、1980年代からドイモイ政策と呼ばれる刷新政策を導入し、中国のように、社会主義市場経済を目指し始めました。
現在、ベトナムの企業は民間企業が約37000社、国営企業は6000社で、民間企業がGDPの60%を占めています。
現存のベトナム国営企業は今後、株式化・解体化等により2000社ないし3000社に絞り込まれる予定です。
べトナム株投資をこれから始めようと思う方は、この国営企業を母体として展開している企業なんかをチェックしてみるといいかもしれません。

ベトナム株と経済成長率

ベトナム株をはじめてみませんか。
ベトナムの成長で、今ベトナム株が盛り上がっているのをご存知でしょうか。
ベトナムはまだ日本人が知らない魅力にあふれている国です。
ベトナムは1980年代後半に市場経済システムの導入し、対外開放化を柱としたドイモイ(刷新)政策を掲げました。
外資導入を視野に入れた構造改革に積極的で、ベトナム政府を中心に国際競争力強化に取り組んできました。
その効果が上がり始め、1995〜1996年には9%台の高い経済成長を続けました。
2000年の成長率は6.7%、2001年は6.8%、2002年は7.0%、2003年は7.2%、2004年は7.9%、2005年は8.4%の成長率を達成してきています。
ベトナムの経済成長の将来性を見越して、ベトナム株は今後有望といえます。

ベトナム株とベトナム公社民営化・株式化

ベトナム株ベトナム投資信託(ベトナムファンド)、が今人気を集めています。
ベトナム株関連のことは、依然、「ガイアの夜明け」というテレビ番組でも取り上げられたことがあります。
そんなベトナムでは今、どういうことが起きているのでしょうか。
ベトナムは社会主義の国ですが、今、国が強制的に公社を株式会社に続々改革開放しています。ということは、今ある巨木の公社を民営化したり株式化するということなので、企業の成熟が10年程度で達成されてしまう見込みなのです。
一から育っている企業もありますが、国有の企業の存在が大きいことも確かです。
ですので、ベトナム株、ベトナム投資信託(ベトナムファンド)を買うなら、少しでも早い方がいいのではないかと思われます。

ベトナム株とベトナム関連イベント

ベトナム株が今熱いと言われています。
近年は日本の企業とベトナム株関連企業の提携が一層すすんでいます。
ベトナムでは急激に電子化が進んでいますので、日本に居ながらにして、ベトナム株をインターネットで売買できる日も遠くなさそうです。
しかし、それまで待ち遠しい方は、一度ベトナムに遊びに行って、その魅力を五感で味わいつつ、ベトナム株関連企業視察などするのもいいかもしれません。
ベトナムはほぼ単一民族で争いごとが少なくて安全な国だそうです。
ベトナムまで今は行けないがベトナム文化に触れたい!という方には、「ベトナム日本祭」(1993年10月)、「ハロー!!ベトナム」(1995年10月)、「ベトナム日本文化フェスティバル」(1998年)、「Japan Festival 2006 in Vietnam」(2006年8月)のようなイベントに参加してみるのもいいと思います。
また、食文化に触れるなら、ベトナム料理店での小さなイベントもやっているようですので、そちらに参加してみるもの楽しそうですね。

ベトナム株を通してベトナムの活気に触れよう!

ベトナム株を通して、ベトナムの活気に触れてみませんか
ベトナムはまだ日本人が知らない魅力にあふれている国なのです。
ベトナムは今、高度経済成長期に入ったところです。
10年以上にわたる長い交渉の末、とうとうベトナムのWTO加盟が実現しました。
これにより、ベトナムの貿易拡大、経済成長ならびに海外企業進出が加速することになりました。
外資の流入の具体例として、例えばインテルは、2006年初頭に3億USドルをベトナムに投じることを決め、ベトナム政府の承認も受けています。
7月にはその投資額を10億USドルに増やすことでベトナム政府の承認を得てもいます。
今、ベトナム株に投資すれば、べトナムの国の活気と成長をリアルタイムに感じることができるでしょう。

ベトナム株〜ベトナムと日本の友好関係〜

日本の証券会社が、ベトナム株のファンド(投資信託)を次々に発売を始めて好評のようです。
ベトナムはこれからの伸びが非常に期待されている国なのです。
日本とベトナムの友好関係も年々濃くなっており、将来を見据えた新たな発展段階に入りました。
日本側からはベトナムの進めている開放化政策に支持・支援を表明し、近年の首脳の相互訪問等を経て、両国関係は経済面のみならず政治、文化に亘る幅広い分野での交流が進んでいます。
2006年10月のズン首相訪日の際には首脳間で初の共同声明を発表し、両国関係をアジアの平和と繁栄のための戦略的パートナーシップに向け更に強化することで合意しています。
日本の株式市場で新興ベトナム株が売買される日もそう遠くないかもしれません。
あなたもベトナム株を始めてみませんか。

ベトナム株とベトナムの国際的立場の上昇

ベトナム株が注目されている理由のひとつとして、ベトナムの国際的立場が上昇してきていることが言えます。
1991年10月のカンボジア和平合意を受け、和平合意を契機に日本とベトナムの関係は、将来を見据えた新たな発展段階に入りました。
日本側からはベトナムの進めている開放化政策に支持・支援を表明し、近年の首脳の相互訪問等を経て、両国関係は経済面のみならず政治、文化に亘る幅広い分野での交流が進んでいます。
特にベトナム株に関連することでいえば、外国からの資本も増加してること、ベトナム株関連の大手企業と日本の企業との提携がより一層進んでいることなどが挙げられます。
ごく最近では、ベトナムは2007年1月11日にWTO加盟が正式に決定し、今後ますます世界から注目されることでしょう。

ベトナム生春巻きをほおばりながら、ベトナム株投資!

ベトナム株について様々な面から情報をお届けします。
ベトナムは社会主義をとっていますが、ドイモイ政策の影響で市場経済の土壌が芽をふきだし始めました。
未成熟だった市場経済や社会基盤、各分野の産業、そしてベトナム株式市場がここ20年程度で急速に整ってきたわけです。
・・・なんて堅苦しいことをいってもみなさん飽きてしまうかもしれません。
今日は、ベトナム料理の定番、生春巻きでもほおばりながら、ベトナム株について考えてみませんか。
生春巻きは、ベトナムでは一番ポピュラーな料理です。
ベトナムの街には、ビールを片手に生春巻きを食べる人を多く見かけるといいます。
ベトナム生春巻きの作り方は、豚肉とエビとビーフンをさっとゆで、水でやわらかくしたライスペーパーでお好みの野菜といっしょに巻きます。
きゅうりやにら、もやしなどがオーソドックスですね。
よく使われるたれは“ピーナッツたれ”と、酢・砂糖・にんにく・ヌムマムなどを混ぜて作る“ヌムチャク”と呼ばれる、何にでも合う万能たれです。
市販されている甘辛いチリソースでも十分おいしいですよ。

ベトナムのバイク事情からベトナム株を考える

べトナム株を始めるなら今が絶好のチャンスです。
なぜなら、ベトナム経済は今高度経済成長に入ったところで、高度経済成長に伴い、外国からベトナム株式市場にたくさんの資金が流れているからです。
ベトナムの高度経済成長ぶりは、ベトナムのバイク事情にも現れてきているといってもいいでしょう。
ベトナムの街には、バイクがたくさん走っています。
ベトナムを走るバイクには日本製のもの、スズキやヤマハ、そしてホンダのものが多く、ベトナム人の賃金と比べると、バイクはかなり高額なものなのだそうです。
売れているバイク中には、ベトナム人の年収を超えるものも少なくないようです。
日本とべトナム株関連企業の提携も進んでいますから、バイクや自動車関連企業を調べてみると、ベトナム株投資のヒントが見つかるかもしれませんね。

ベトナム株〜ベトナムの信号機〜

ベトナム株の魅力について様々な側面から情報をお伝えしています。
ベトナム株の閑話休題として、今日はベトナム事情の中でも、交通にまつわることをテーマに取り上げてみます。
ベトナムの交通事情といってまず思い浮かぶのが、信号機のことです。
ベトナムの「黄色信号」はおもしろい!
というのは、ほとんど点灯していないのです。
青から黄色になったとたん、突然赤に変わってしまいます。
そもそも、信号機に黄色信号自体がついてたりついてなかったりします。
なんでなんでしょう。
理由までよく知りませんが、こういう日常のささいなことこそ、異文化のおもしろさがありますね。
・・・とここまできて、かなりベトナム株からそれてしまいました。
とにかくベトナムをチェックしておいて損はありません。

ベトナム株閑話休題〜ベトナム語でショッピング〜

最近人気のあるベトナム株投資のためのベトナムツアーにいったなら、やはりショッピングも楽しみたいものですね。
日本で見たことがないものを、ベトナムのお店でいろいろ見ることになるでしょう。
ショッピングのときに知っておくと便利なベトナム語をご紹介します。
「Cai nay la cai gi? (カイナイ ラー カイジー)これは何ですか?」の意味で、決まり文句です。
「Cai nao?(カイナーオ)どれですか?」もぜひ覚えておきたい言葉です。
そして、必要になる言葉が「Dat qua(ダックワー) 高すぎる!」です。
日本人は値切りベタなので、高くても買うと見られているようです。
極端な例では、100円のものが1000円で売られていることもあるようです。
ほしいものがあったら、まずは色々な店をみて相場を知ってから、値段交渉をしたほうがいいですが、まずは言い値の半額から交渉スタートしてみましょう。
2割安程度では手を出さないのが鉄則のようですよ。

ベトナム株閑話休題〜ベトナム語の挨拶

ベトナム株を始めるための口座開設は日本からでもできますが、最近では、ベトナム株投資のためのベトナムツアーまであるようです。
さて、今日はいつかベトナムに遊びに行くことに備えて、ベトナム語の挨拶について少し調べてみました。
「こんにちは」は「chao (チャオ!) 」です。
少し伸ばして発音するところがポイントです。
朝も昼も夜も人に会ったらチャオ、ちなみに、別れの挨拶もチャオです。
ベトナム人はさようならの代わりに「また会いましょう」というフレーズを使います。
「また会いましょう」は hen gap lai ヘン・ガップライです。
こんにちはと同じチャオでも別れの挨拶として通じます。
ベトナム株は、外国人でも株主総会に出席する権利が平等に与えられるようです。
ベトナム旅行ついでに株主総会に出て、そこで出会ったベトナムの人々に「ヘン・ガップライ!」なんて笑顔で言っているところを想像すると楽しくなってきます!

ベトナム株閑話休題〜ベトナムの民族衣装、アオザイ〜

ベトナムは中国やインドを上回る経済成長率を続けており、それにともない、ベトナム株も急伸しているのです。
次なる投資先として世界から注目を浴びているベトナムについて、みなさんにもっと知ってもらおうと、ベトナム株についてだけでなく、様々な面から情報をお届けします。
ここでは、ベトナムの民族衣装アオザイを取り上げます。
アオザイは女性をもっとも美しく見せると言われており、動きの美しさには定評があります。
日本においても、アオザイは結婚式の二次会など、意外にフォーマルな場面でも着られています。
一度はきっと目にしたことがあるのではないでしょうか。
最近のアジアンブームの影響もあって、アオザイ風にデザインを取り入れた洋服も販売されています。
ネットショップでは、格安で手に入れることも出来ますし、日本にいながらにして、ベトナム現地のアオザイを取り寄せることができたりもしています。
色も柄も豊富にあるアオザイ、きっとお似合いの一枚が見つかるはずです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。