ベトナム株 ベトナム株、初めての投資

ベトナム株とは

ベトナム株の情報はなかなか出回っていないようで

す。ベトナムは社会主義国家ですが、2000年にホーチミン証券取引

所を設立しました。国内の企業の株取引がそれにより開始されましたが

まだまだ市場としては歴史の浅い市場です。ホーチミン市場の上場会社にはPERが

五倍ほどだったり、配当利回りが8%以上あるなど株価が超割安である

ものが多くみられます。最近では中国株が日本で注目されていますがベ

トナムもまたこれからの経済成長を予想して投資するには良いかもしれ

ません。

また、ベトナム株の裁定取引単位が10株からで、

10株あたりのそれぞれの上場企業の株価が日本円換算で約500円か

ら1500円くらいになっています。つまりわずかな資金でも株式投資

を始められるのもメリットです。ちなみに個人投資家がベトナムの証券

会社に口座開設をする場合各種の手数料などを合計すると約5000円

ほどのようです。ただし、ベトナム株は日本国内の

証券会社では購入できないために、ベトナムでの取引の方法など手間取

ることになるかも知れません。あらかじめ情報を収集して口座開設をし

ましょう。
タグ:ベトナム株

ベトナム関連株と国際化の波

ベトナム株式市場は今どんどん成長しており、ベトナム株関連企業が次々と業績を伸ばしています。
特に、ベトナム株はトナムのホーチミン市証券取引所の株価が好調です。
ベトナム国内だけでもベトナム株は将来性はかなりのものがあるといわれています。
さらに、近年ではべトナム関連株は国際的な注目を集めているのです。
例えば、韓国株式市場とベトナム株式市場の提携が積極的にすすめられています。
韓国ににおいて、ベトナム関連株の売買が可能になったりしているのです。
現在ではWTO加盟段階もあってか、世界の金融界から投資できる規模に達したベトナム市場が認められ、日本の株式市場でもベトナム株が売買される日がそう遠くないかもしれませんね。

中国と接する国「ベトナム」の株

ベトナム株が注目される理由のひとつが、お隣の国「中国」と、海岸線で接していることです。
中国は安い人件費と、広大な土地を利用して工場国として発展してきました。
しかし、以前は安いと言われた中国の人件費も、太平洋沿岸地域では高騰しています。
もちろん、内陸部では、まだまだ人件費の安い地域もあるため、投資を進めることもできますが、人件費を減らしても輸送費が増えてのでは意味がありませんよね。
そこで、注目されることになったのがベトナムなのです。
ベトナムの人件費は、中国の沿岸地域で支払う人件費の1/5程度で済みます、
太平洋に面した範囲が広いので、海上輸送には事欠きません。
そして何より、中国と接した国なので、地理的条件は全く同じと言えるのです。
そしてもう一つ、中国と陸続きのベトナムなら、中国の工場で作った資材を運び込み、人件費の安い工場で組み立てができます。
つまり、第二の中国としてベトナム株が注目されているのです。

中国、インド、ベトナム株

株の世界ではベトナムが注目されています。
中国インドではなく、どうしてベトナム株なのでしょう。
それは、ベトナムが、これから発展する国だからです。
株をやっていると、中国株で大儲けした話や、インド株で大金を掴んだ話を聞くでしょう。
ベトナム株は、過去の伝説を現実にしてくれる、夢が詰まっているのです。
もちろん、中国やインドは、これからも成長していきます。
しかし、多くの投資家が集まり、多くの証券会社が集まり、そして両国の株の価値は値上がりし、一攫千金を狙うには、すでに世界から注目されすぎなのです。
例えば、10年前に戻ることができたら中国株を買いますよね。
5年前ならインド株を買います。
そして、今はベトナム株と言うわけです。
これから発展していく国「ベトナム」に投資して、10年後の人たちにベトナム株で掴んだ夢を語りましょう。

ベトナム株の注目される国

多くの日本人にとって、ベトナムは、「ベトナム戦争があった国」「東南アジアの国」といったイメージだけかもしれません。
しかし、の世界でもっとも注目されている国が「ベトナム社会主義共和国」なのです。
ベトナムの国土は、約33万平方キロメートル、人口8300万人ほどの、社会主義国です。
日本から中国に向かい、アジア大陸に沿って南下していくと、中国の国境を越えて、新たな国にたどり着きますよね。
太平洋沿岸にある、中国のお隣の国がベトナムです。
ベトナムの国土は南北に長く延びていて、国土の面積は日本と似ています。
また、ベトナムの宗教は8割が仏教ですし、古くから中国文化の影響を受けているところも日本と似ているかもしれません。
日本とよく似た国のベトナムと、ベトナム株の魅力をたくさん紹介していきますね。

初心者も気になるベトナム株って?

初心者としても気になるベトナム株ですが、ベトナムは社会主義国であり2000年にホーチミン証券取引所が開設されたという株式に関しては歴史の浅い国です。
しかし、ベトナムには勤勉で仕事にもまじめに取り組むベトナム人によって優れた労働力が産み出されており、外国企業の投資先として注目され、ベトナム株に関しても初心者が耳にすることが多い所以となっています。
さらにベトナムは中国沿岸部に隣接していることから、中国経済の発展がベトナム経済発展の影響を与えています。
現状のベトナム株はかなり株価が割安です。しかし世界中にこのベトナム株に注目する外国人投資家は多数おり、本格的に注目度が高まれば株価は上昇していくものと考えられます。
よって、初心者といえどベトナム株に今から投資していけば大きな利益を受けることができる可能性を秘めています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。