ベトナム株 投資 ベトナム株、初めての投資

ベトナム株投資

ベトナム株投資をはじめてみませんか。
ベトナム株式市場は若く、中国株やインド株に次ぐ有望な投資先のです。
ベトナム株式市場はまだ未成熟ですので、株価が比較的まだ低く、投資しやすい状況にあるといえるでしょう。
ベトナムはドイモイ政策により農業生産高の拡大し、インフレを抑制することに成功しました。投資の拡大等、急激な経済成長を遂げつつあるのです。
成長率はベトナム全体で1991年から1994年にかけて8.2%、1995年・1996年は9%以上というデータです。
一方、インフレ率は1990年・1991年で70%でしたが、現在は4〜5%と安定しています。
また、海外からベトナム株に投資する投資信託が多数設定され、それらのべトナム株投資ファンドはベトナムへの投資を積極的に進めていることも、ベトナム株が有望視されている理由のひとつなのです。

ベトナム株投資とベトナムの変革

ベトナム株投資する投資信託が注目を集めているのを御存知ですか。
高成長を続けるベトナムはBRICs諸国に比較しても高い経済成長を誇っているのです。
アジアをはじめ諸外国からは、べトナム株は中国に次ぐ投資先として注目されています。
近年のベトナムは、農村においてもインフラ、電化がすすめられている状況にあります。
教育・医療に関しては、私立設立が認可され、急速に充実しつつあります。
とはいえ、ベトナムは経済の出発点が低く、実績が上がっても日本と比べるとまだまだ貧しい国ではありますが、文盲率は低く教育レベルは高いことから、発展する可能性に満ちているといえるでしょう。
みなさんもベトナムについてもっとよく知って、そしてベトナム株投資の夢を是非実現させてください。

ベトナム株投資〜有望企業の新展開〜

ベトナム株を実際に投資するにあたって、どんな企業に投資したらよいのでしょうか。
割と新しく上場してきたベトナムのひとつの有望企業を取り上げてみますので、どういった新展開がなされているのかを知り、ベトナム株投資の参考になさってください。
ベトナムで乳製品の大手、Vinamilkが上場しました。
このVinamilkが、これからビール業界に入りこみ、新展開を起こそうとしています。
ビール業界は、独占も寡占もされていない、諸企業がいわば群雄割拠の状態です。
飲料の扱い、販売の仕方に関するノウハウをどう活かそうとしているかが、vinamilkが新規分野で成功する鍵となりそうです。
具体的な企業実績を通して、日本における有望企業とベトナムにおける有望企業の相違点や共通事項を発見していくのも、ベトナム株投資の楽しみといえるかもしれません。

ベトナム株投資について情報を集めよう

ベトナム株に興味を持っていても、実際に投資を始めるまでの手続きが難しそうだなと思っていませんか。
むかしでこそ、ベトナム株に関する情報は本当に少なかったようですが、最近ではベトナム株投資に関する情報交換の掲示板や各サイト、本が多数出され情報を集めることは意外に簡単です。
ネット上に開設されているベトナム株関連の掲示板を見ると、ベトナムの企業動向や、企業の詳しい状況などもわかるようになっています。
これからベトナム株投資をしてみようと考えている人は、実際にベトナム株投資を始めている人の声を目にすることで、具体的なベトナム株についての理解が深まるのではないでしょうか。
また、ベトナム株の将来性が明るい理由には、株式市場自体が若く、まだ株価が安く、投資しやすいということもありますが、それだけに、うまくすれば、株を長く保有するクローズエンド型投資によって、10年後にはかなりの利益を作り出すことも考えられます。
2006年4月現在、ホーチミン証券取引所に上場するのは36社で、ハノイでは12社が店頭登録しています。
また、店頭登録株式として相対で売買されている未上場株式を含めると、時価総額は5000億円を超えるとのことです。
調べれば調べるほど、ベトナム株の良さは認識できるのではないでしょうか。

ベトナム株投資〜株価が急騰する理由〜

ベトナム株が今注目の的です。
ベトナム株に投資するなら、株価が急騰している今が絶好のチャンスです。
なぜなら、今のベトナムの状況は、かつての中国とかなり類似しているからです。
超がつくほどの高度経済成長の入り口にいることや、株式市場にも、初期には銘柄数が50銘柄程度しかない点などが似ています。
これまで、高度経済成長に株式投資をすると簡単に儲かるといわれ、実際に中国以前には、韓国の高度経済成長期にも、韓国株式投資で稼いだ人がいるのです。
中国株では、国を代表する企業が上場したタイミングで買った人は、数年で株価は数倍になりました。
これが、高度経済成長期の力です。
どのベトナム株から投資をはじめ方たらよいのかわからないという方にも、ベトナム上場企業の実態についての本なども出されていますので、最初はインフラなど国の主要な産業を扱う企業からチェックしてみるといいかもしれません。
ベトナムの主幹産業や、今後ベトナムがどんな方向性で伸びていくのか、中国経済の発展経緯を参考にしながら、推測してみませんか?

ベトナム株に投資しよう

ベトナム経済が発展しはじめ、まだ若いベトナム株の株式市場はあたらしいエネルギーに満ちています。
ベトナムでは、経済や社会基盤が、ここ20年程度で急速に整ってきました。
工業団地の建設地には、驚くほどインフラが整ってきたりもしています。
そして、ベトナムを代表する企業群の上場はこれからなのです。
1年に50%も100%も利益を伸ばす企業が数多くあります。
ベトナムは今、世界に目を向け、外交方針として全方位外交の展開、特にアセアン、アジア・太平洋諸国等近隣諸国との友好関係の拡大に努めています。
そんなベトナムに世界も注目し、まだ始まったばかりのベトナム株の株式市場に多くの外国ファンドが集まり、投資を始めてきました。
みなさんも今、ベトナム株の将来に夢を託して投資してみませんか。

ベトナム株に投資する外国ファンド

ベトナム株投資してみませんか。
2004年9月に外国人の投資枠が30%から49%に引き上げられたこともあり、多くの外国ファンドがべトナム株市場に参入してきました。
韓国なども積極的にベトナム株式市場と提携し、アジアでもかなりの注目を集めています。
ドイモイ政策による市場経済への移行は、ベトナム市場を活性化させ、外国ファンドが次々とベトナム株に投資を始めました。
アメリカ、ヨーロッパはもとより、日本でも今やベトナム株を注目している外国ファンドが増加しています。
生まれたばかりのベトナム証券市場は、投資をする価値があると、どの外国ファンドも捉えているようです。
高度経済成長に入ったベトナム経済ですので、ベトナム株は有望な上、今はまだそれほど株価は高くありません。
今だからこそ、ベトナム株投資を始めるべきなのかもしれませんね。

ベトナム株投資〜株価が急騰する理由〜

投資資金も拡大し、ベトナム株は、2006年に急騰しました。
ベトナム株価急騰の理由として、上場企業の業績が良くなってきたことや、中国で賃金が上昇して生産拠点がベトナムへと移ってきたことなどか上げられます。
ベトナム経済の景気が良くなる理由は複合的ですが、ベトナム経済は今、まさに高度経済成長に入ったところなのです。
ベトナムの後進性と将来性を見越して、今後もますます外国ファンドがベトナムにお金を流してくるでしょう。
日本からの投資はまだ始まったばかりです。
ジャパンマネーが本格的にベトナム株に流れる日もそう遠くないかもしれません。
そうなると、ベトナム株は上がってきます。
今後は投資ポートフォリオを合理的に作成し長期保有して、利益を得る方法もありますし、急騰と急落が激しい面を活かして、ベトナム株を楽しむ方法もあるでしょう。

ベトナム株投資とベトナムの外交方針

ベトナム株投資を始めてみませんか。
ベトナムは今、外交の方針として、全方位外交の展開、特にアセアン、アジア・太平洋諸国等近隣諸国との友好関係の拡大に努めることを挙げています。
さらに、米国との国交正常化を遂げ、アセアンに加盟し、APECに正式参加するなど、政治的にも国際化の波に乗っています。
ベトナム国内では、インフラの整備が、急ピッチで進められ、電力、ガス、通信、金融、等々、国の基幹を担う産業の主要企業が、続々とベトナム株式市場に上場し始めました。
特にホーチミン市場には、大型株や有名な銘柄が多く上場しており、投資資金が世界から集まっています。
決まりとして1銘柄につき外国人(非ベトナム人)の保有は49%以下に制限されています。
まだ若いベトナム株式市場ですので、投資をするなら今です。

ベトナム株投資〜有望企業Vinamilkについて〜

ベトナム株を始めようとしている方も、実際にどのベトナム株に投資したらいいのかわからないことも多いと思います。
そこで今日は、ベトナムのあるひとつの企業を例を紹介し、少しでもベトナム株投資に関する具体的なイメージや見方を持っていただけたらと思います。
ここではVinamilkという企業を見てみましょう。
Vinamilkは乳製品等の分野で、すでにベトナム国内市場において圧倒的な市場シェアを占めています。
業界のなかでの大手といえます。
海外との取引においても、輸出量もかなりの額になり、積極的に海外市場へ進出しています。
Vinamilkの輸出先はざっと見積もっても30カ国にはなるでしょう。
イギリスなどの企業とも提携をし始めています。
これほどの大手がベトナム株式市場において、上場して間もないのです。
投資に値するベトナムの新星はまだまだ控えています。

ベトナム株投資の現状と見込み

2005年から、ベトナム株投資する公募ファンドも組成され始め、次の投資先として注目されているのが、ベトナム株式市場です。
現状を長期視野で考えれば、株価の上昇だけでなく、円に比べてのベトナム通貨価値の上昇により、利益がでるのではないかと見込まれています。
ベトナムの証券市場が専門家の予測通り展開すれば、今後は投資ポートフォリオを合理的に作成し長期保有することができる投資家が利益を得ることになるといわれています。
ベトナム経済は中国からの生産拠点のシフトなどによって大きく成長する段階に入っています。
ベトナムの企業には1年に50%も100%も利益を伸ばす企業が数多くあるのです。
外国株を始めてみませんか。
そして、外国株を買うならベトナム株が有望です。

ベトナムビールを通してベトナム株投資

ベトナムのビールを飲んだことがありますか。
メジャーな銘柄としては、"333(バーバーバー)"、"SAIGON"、"Tiger"、"HANOI"、"HALIDA"などがあります。
喉越しがすっきりしたものが多いですね。
日本人の口には、少しさっぱりとしすぎていると感じる人もいるかもしれません。
今日はビールをテーマにベトナム事情を考え、ベトナム株投資のヒントになればと思います。
(ビールを片手にベトナム株投資について考えるのもオツですね!)
ベトナムでアルコールといえば、ほかの何をさしおいても、ビールです。
現地の人がビール以外のアルコールを飲んでいるところはそれほど見られません。
缶ビールは約50円です。
街にはビアホイと呼ばれるビアホールがたくさんあって、賑わっています。
ベトナムのビール市場は細分化されており、全国を網羅する大手がまだ出現していない状況です。
ベトナム国内だけでもビールの市場は決して少なくないのです。
これからどのビール企業が伸びてくるのかを予測すると、よりよいベトナム株の投資先が見つかるかもしれませんね。

ベトナム株投資方法

ベトナム株はこれからの投資先としてかなり有望視されています。
もちろん、投資なのでリスクはゼロではありません。
だからこそ、投資方法からよく知っておいて損はありません。
ベトナム株に投資する方法は2パターンあります。
ひとつは、現地へ行って口座開設する方法、もうひとつは国内から投資ファンドを通して行う方法です。
現在提供されているのは、外国籍の投資信託、国内単位型公募投信、匿名組合契約といったものです。
それぞれ、万一のことを考えて、中途解約ができるか、またできる場合はどういった手続きをすればいいのか、事前に窓口に聞いておくといいと思います。
リスクコントロールもできるよう、投資前に疑問点や不安をなくして、ベトナムの成長に夢を託して、ベトナム株投資を存分に楽しみたいですね。

ベトナム株投資の強み

ベトナム株投資の魅力は現地のどういう事情に基づいているのでしょうか。
ひとことでいえば、ベトナムには産業がこれから発展していく好条件がそろっていることが、ベトナム株投資の強みなのです。
その好条件を狙って、富士通やワコールといった日本の大手企業もベトナムに進出しています。
その数は少なく見積もっても100は超えているでしょう。
では、好条件の例を見てみましょう。まず一つ目に、ベトナムは土地が安価であるということが挙げられます。
VSIPIIという工業団地の例でいえば、土地のリース料は約50年間で1u当たり28USドルだそうです。
つまり、1万uの工場用地で年間70万円もしないのです。
その他にも、労働賃金の安さや、税制優遇制度の存在も、ベトナム株投資の期待度を高めています。ベトナム株は今が買いです。
中国やインドに次ぐ新しい投資先として、是非詳しく調べてみてください。
と言う安さです。

ベトナム株投資とベトナムの国民性

ベトナム株の強みは、若い労働力が豊富なこと、労働賃金が安いこと、しかも労働者たちが非常に勤勉に真面目に働くこと、です。
勤勉で真面目なのはベトナム人の国民性といえるかもしれません。
このベトナムの国民性は、ベトナム株投資に与える好影響は決して少なくありません。。
ベトナムの労働力の質の高さを評価して、近年、工場移転先や輸出生産基地としてベトナムを挙げる日本企業が増えているのです。
それにつれてベトナム株式投資自体が活気づいて来るでしょう。
また、ベトナムは親日感情が高く、日本企業にとっては中国にはない魅力も備えています。
特にアジアにおいては、親日か親日でないかによって、労働者のモチベーションは大きく左右され、その結果、生産力に大きな影響を及ぼします。
ひいてはベトナム株への投資事情に関わってくるわけです。

ベトナム株投資とベトナムの現状

中国株に続いて、ベトナム株投資先として注目の的になっているのはなぜなのでしょう。
ベトナムといえば、三角形の麦わらのような帽子をかぶって、小さな丸木舟で川をゆっくり流れていく光景を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
そのような牧歌的な風景もベトナムの魅力のひとつです。
しかし、ベトナムには、発展途上国といったイメージとは別の側面も存在するのです。
その面を知れば、今ベトナム株に投資することの意義が見えてくると思います。
例えば、ホーチミン郊外をはじめ、各工業団地が建設されており、緑豊かな環境は温存しつつも、インフラは驚くほどきちんと整備されています。
また、数万人の労働者が働く企業もたくさんあり、労働者の勤勉さはアジアでも群を抜いています。
ベトナム株投資の有望性は、ベトナムの労働者の質の高さにあるといっても過言ではありません。

ベトナム株への投資は2通り

日本からベトナム株投資するときは、2通りの方法があります。
ひとつは「ベトナムに投資する証券会社のファンド(投資信託)を利用する」ことです。
ファンド(投資信託)とは、投資家から集めた資金を、ファンドマネージャーと呼ばれる株式投資の専門家が運運用し、成果に応じて収益が還元されるほか、ファンド自体が価値を生み取引対象となるシステムです。
そしてもうひとつが「ベトナムに口座を作ってベトナム企業に投資する株取引です」。
以前は、証券取引をするときはベトナム国内のみに限られていました。
2006年の1月からベトナム証券保護預かり(VSD)と呼ばれるシステムにより海外からの取引ができるようになったようですが、今のところ日本の証券会社はベトナム株を扱っていません。
そのため、ベトナムに口座を作る必要があります。
以上の2通りですが、言い換えるならば「2通りの方法しかありません」でしょうか。
どちらも、株の基本とされる方法なので、恐れることはありませんが、ベトナムは海外なので、口座を開設するのは大変かもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。