ベトナム 産業 ベトナム株、初めての投資

ベトナム株と観光産業

ベトナム株式市場はまだ新興市場なので、株価が安い今のうちに投資をはじめて、大きく育てようと考えている投資家達がたくさいんいます。
べトナム経済は今急伸し始めており、べトナムでは国の主要産業に関わる企業がが次々に上場を始めています。
上場した企業の中でも、ベトナムは国の基幹産業のひとつとして観光業を考えていて、観光客を呼ぶための努力を道路などの基本的なインフラ部分から計画しています。
ベトナム政府観光局の発表によると、今年の観光インフラ整備に投資する予算は4680万ドルを計画しているとのことです。
この金額は昨年比で21%の伸びになっています。
政府の観光インフラ整備にかけた投資は2001年から2007年までの7年間で2億2千万ドルに達しました。

ベトナム株と産業の可能性

ベトナム株は今、なぜ注目され始めているのでしょうか。
ベトナム株の魅力は、市場経済での産業が成熟しきっていないところにあります。
ベトナムは社会主義をとっていますが、ドイモイ政策の影響で市場経済の土壌が芽をふきだし始めました。
未成熟だった市場経済や社会基盤、各分野の産業がここ20年程度で急速に整ってきたわけです。
つまり、産業を基盤にしてベトナム株式市場自体が伸びていく可能性が非常に高いのです。
ベトナム株式市場には、ホーチミン証券取引所やハノイ証券取引所があります。
ホーチミン証券取引所は、ベトナム株式市場において日本でいう東証一部のような存在で、数々の優良企業が上場しています。
ひとつの銘柄につき外国人保有率上限が49%である等いろいろなルールもありますが、最近では日本国内でもベトナム株式投資に詳しい証券会社もあるので、調べてみる価値はあるでしょう。

ベトナム株と産業の急伸

ベトナム株が今、熱い注目を集めています。
その理由として、ベトナムは現在「超」がつくほどの高度経済成長期にさしかかっているということが挙げられます。
国の産業の中枢を担う企業が急伸し、次々にベトナム株式市場に上場し始めているのです。
例えばベトナムにおける携帯電話や携帯コンテンツの分野は年60%という急伸をはかっています。
移動通信産業とソフトウェア産業の急伸は、ベトナム株の底力となっていくことでしょう。
ベトナムは発展途上国といったイメージをお持ちの方もいることと思います。
しかし、2006年のベトナムに関する基本データをみると、GDPのうち第1次産業(農林水産業)が占める割合は20.1%、第二次産業(鉱工業等)が41.8%、
第三次産業(サービス業)が38.1%となっており、第三次産業の割合が高い現実が生まれつつあるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。