ベトナム株 ベトナム経済 ベトナム株、初めての投資

ベトナム株とベトナム10ヵ年経済開発戦略

ベトナム株に影響を与えるベトナム経済の要因はどんなことなのでしょうか。
ベトナム経済においても、国内総生産に占める第三次産業の割合は伸びてきている事実はありますが、農業も23%と依然として高く、就業人口の67%は農業に従事しているという現状があります。
ベトナムの10ヵ年経済開発戦略(2001〜2010年)における農林業の当初目標は、生産性の向上、食糧の安定確保、輸出商品作物の振興等に置かれておりました。
しかし、米、コーヒー等の国際市場価格の低迷等の要因から、今後は、適地適作による作物の多様化、輸出用の果実・畜産加工品製造のための技術・設備の導入、国内外市場の開拓等に重点が絞られてゆくと予想されます。
優良ベトナム株を探す際は、その方針にそった企業を見つけ、ベトナム株投資を成功に導いてください。

ベトナム株・経済と農業

ベトナム株に投資するためには、ベトナム経済について知っておくことが大切です。
ベトナム株を検討する上で、知っておいていただきたいのは、ベトナム経済において、農業の与える影響は依然大きいということです。
農業生産は、メコン、紅河の二つの肥沃なデルタで生産されるコメが中心で、年間324万トンを輸出しています。
また、近年、生産量が増加しているコーヒーは、そのほとんどが輸出に向けられていますし、さらに、エビ、イカ等の水産物も貴重な輸出品となっており、日本へも多く輸出されています。
外国企業への税制優遇制度や、越投資協定の締結、商用を含む短期旅行者の査証免除等が行われており、ベトナム株に年々参入しやすくなってきています。
そういったベトナム経済と海外との関連からも、ベトナム株投資について調べてみるとよいでしょう。

ベトナム株・経済と外国優遇制度

ベトナム株ベトナム経済についての情報をお伝えします。
ベトナム株投資に役立てていただければ幸いです。
ベトナムはミャンマー、タイ、ラオス、ベトナムの4ヵ国を横断する東西回廊計画の東のゲートウェーに位置しています。
地理的優位性を確保するため、世銀、ADB、我が国ODA等の資金を導入して道路、港湾等インフラの整備を進めており、ベトナム経済は今高度経済成長を遂げています。特に、インフラ整備はベトナム経済を活気づかせています。
また、外国投資法を改正し、外国の直接投資を促進する環境作りもすすめ、日本等の外国企業への税制優遇制度もあります。
そういった環境作りを通して、ベトナム株投資への期待も高まってきています。
ベトナム株に投資する際は、その辺の優遇制度もしっかり利用してくださいね。

ベトナム株と経済に影響を与える農業

ベトナム経済の現状を見て、ベトナム株について考えていきたいと思います。
日本は高度経済成長期から40年近く経ちましたが、ベトナムでは今、高度経済成長期を迎えています。
ベトナム経済は、1987年のドイモイ(刷新)政策が導入されてからのち、順調な発展を遂げてきています。
順調な発展にともない、ベトナム株への期待も広がってきました。
しかし、工業化がまだ初期段階にあるベトナムでは、農業が重要な産業であることは否めません。
つまり、ベトナム経済やベトナム株に大きく影響を与えるのは、工業だけでなく、最重要課題と位置づけられている農業でもあるのです。
株投資といえば、第二次産業や第三次産業といったイメージもありますが、農業の有望株もじっくり調べてみてください。

ベトナム株とベトナム経済の有望性

ベトナム株式市場は今、大きく成長を遂げつつあります。
ベトナム経済の将来は非常に有望性がある見通しが持たれています。
というのも、GDP(国民総生産)は8%前後の成長を継続しているのです。
また、外国からのベトナム株への投資プロジェクトが数々実行されています。
ベトナムへの注目だけでなく、べトナム政府自体が外国との交易や結びつきに積極的です。
例えば、ベトナム株式市場は韓国の証券取引所と提携を結んだりしています。
ベトナムの貿易を見ても、輸出額399億2,000万ドル (2006年) 、輸入額391億6,000万ドル (2006年)となっています。
つまり、ベトナム経済はまさに今、国際化の波に乗りはじめたところといえるので、今後5年の伸びが楽しみですね。

ベトナム株と経済は世界の重要な市場となる

ベトナム株式市場の発展のための5カ年計画の中で、2010年までに国内の株式市場の時価総額を国内総生産(GDP)の10%から15%に引き上げる目標が示されました。
現在、個人投資家というとその大多数はベトナム人です。
ベトナム株式市場に投資している外国人個人投資家の総数は2000名くらいと言われています。
これからのベトナム経済の成長とベトナム株式市場の潜在的可能性の高さの割には、外国人投資家がまだ少ないことがおわかりになると思います。
しかし今、ベトナム株はアジア株の中でも注目の的です。
ベトナムの株式市場は地域及び世界の投資家にとって重要な市場となることでしょう。
高度経済成長期のベトナム経済から目が離せません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。